top image

信頼の一貫生産

角野晒染では様々なプリント技法でオリジナルの手ぬぐいが作成できます!
小ロット(100枚)から制作可能です!
安心の工場一貫生産で、短納期低価格を実現します!

信頼の一貫生産

手ぬぐいの生地

生地

手ぬぐいで一般的によく使われている生地は、「文生地」や「岡生地」と呼ばれるものです。「文生地」は、幅34cmで目は比較的粗く、厚みがあり、通気性に優れています。しっかりとした感触で、染料が滲みやすいのが特徴です。もう一方の「岡生地」は、幅35cmで目が細かく、なめらかな肌触りで、細かいデザイン表現が可能です。

生地の種類

  文生地 特文生地 岡生地 特岡生地
生地幅 約34cm 約35cm 約36cm
糸の太さ 太い(20番手) 細い(30番手)
厚さ 厚い 薄い
手触り しっかり なめらか
折り目 粗い 細かい

※生地の長さは基本的には90cmでカットしておりますが、長さは自由に調整可能です。ご希望がございましたら事前にお問い合わせください。

プリントの技法

スクリーンプリント
注染
ロール捺染

スクリーンプリントで染める

スクリーンプリント技法は細かいデザインをハッキリと表現したい場合や、多色のデザインをプリントすることに適しており、生地本来の風合いを損ねる事もなく印刷されます。機械だからこそ可能な、くっきりとした表現力と均一化された制作品質も特徴です。スクリーンプリントには「枠あり」と「枠なし(全面)」の、2種類の仕上がりがあります。

スクリーンプリント1

初めに印刷したい文字やデザインの型を作ります。(弊社では4色まで)

スクリーンプリント2

捺染台に生地を敷いてその上に作成したスクリーンの型を置きます。

スクリーンプリント3

型のメッシュ越しに顔料インクを流し特殊なヘラ(スキージ)で延ばしながら生地に馴染むように刷っていきます。

枠ありプリント

枠あり

端にはプリントできません

枠ありプリントの場合、手ぬぐいの生地サイズに対して上下左右に2cmずつ余白が必要になります。 デザイン面での制限がある反面、コストパフォーマンスに優れています。

枠なし(全面)プリント

枠なし

端までプリントできます

枠なし(全面)プリントの場合、範囲の制限はなく、手ぬぐいの生地全面を使ったデザインが可能です。 枠ありプリントよりもコストは少しかかりますが、自由度の高いデザインを再現できる点で優れています。

注染で染める

「注染」は、手作業でありながら多彩な柄、小紋など、微妙なタッチや独特の色合いを出すことができる堺の伝統地場産業です。ぼかし等の技法を活かすことで立体感やなごみを表現することに優れています。

表裏両面から染色するため、表も裏も同じ柄が同じ色合いで出るのも注染の特徴です。

注染で染め上げられた生地は、ほとんどの工程を人の手で行うため、繊維がつぶれにくく通気性に優れ、肌ざわりもやわらかく仕上がります。

注染1

柄の中で染料をつけないところに木ベラを使い糊をのせていきます。これを何度も繰り返し折畳み、2、3疋積重ね次の工程へ進みます。この工程、または受けもつ職人の事を「板場(いたば)」と呼びます。

注染2

土手の中に染料を注ぎ、生地の下からポンプを使い染料を吸い、生地に染料を染込ませます。この工程を受けもつ職人を「壷人(つぼんど)」と呼びます。

注染3

「立て(だて)」と呼ばれる乾燥台に1反ずつ吊るし自然乾燥させます。この工程を「立干し(だてぼし)」と呼びます。

ロール捺染で染める

ロール捺染技法はスクリーンプリント同様、細かなところまで柄や色彩を表現することに向いており、染め上げられた生地は肌触りもしっかりとしています。ロット数が多めの場合に向いています。

ロール捺染1

専用の機械を使い生地に染料を捺し染めていきます。ゆかたや手ぬぐいに用いられる染色技法としては標準的な方法です。

ロール捺染2

当社のロール捺染機は、小巾生地だけではなく広巾生地(43インチまで)にも対応しております。

和晒の特徴

和晒の特徴

「和ざらし」とは、木綿から不純物を取り除いて漂白した生地のことで、江戸初期から水量の豊富な石津川沿いで多く生産されてきました。大きな釜で生地を約28時間かけて炊き上げます。綿本来の風合いを損なうことなく、優しい肌触りが特徴です。

現在、一般に使用されている綿製品のほとんどが、自動精錬機で40分ほどで仕上げられる洋ざらし加工で作られています。和ざらし加工で仕上げられた製品は、洋ざらしのものと比べ綿製品のもつ本来の風合いを最大限に活かし、高い吸湿性・通気性・保湿性をもった、安全でナチュラルな製品になります。

ガーゼ寝巻   >>商品はこちら

ガーゼ寝巻

当社の二重ガーゼ寝巻は、すべて和ざらしを使用しております。「和ざらし」繊維の風合いは柔らかでふっくら仕上がります。表地はしっかりした岡生地を使用し、裏地は赤ちゃんの産着にもよく使われるガーゼ、このガーゼも和ざらし仕上げです。

柔らかな肌触りで体を優しく包みこみ、通気性に優れながらも保温性にも優れ、就寝時には、心地良い睡眠をサポート。汗かきの方、エアコンで体の冷えが気になる方にもおすすめです。

おくつろ着   >>商品はこちら

おくつろ着

おくつろ着は、セパレートタイプで、ボタンを留めるわずらわしさから解放され、男性用・女性用共に和装の袂を採用しておりますので、ゆったりとした着心地です。また生地もガーゼ寝巻と同様に和ざらしとガーゼを使用しております。

くつろぎの時間はこれ1枚でOK。もちろん就寝用パジャマとしても最適です。帰宅すればすぐに身に着けたくなる「和ざらし・くつろぎウェア」で上質な時間を過ごされてはいかがでしょう。

介護用おねまき   >>商品はこちら

介護用おねまき

介護用おねまきは、袖の下部分をホックで取りはずしできるように仕立ててあり、寝たままの状態で着脱が容易に出来ます。また、左右の前合わせをヒモで結ぶ羽織式に仕立ててあり、帯ひもを廻す手間がありません。

to top